ニュース

プロ注目の日体大・北山投手に小・中学時代のことを聞いてみた

無断転載禁止
「もっと早くから目的意識を持って取り組めたら良かった」と小中学時代を振り返ってくれたのは、横浜高校時代は控え投手だったものの、大学で成長してドラフト候補にまでなった北山比呂投手。小学生時代は硬球が怖くて野球はあまり好きじゃなないと感じていたそうですが、「だんだん野球が楽しい」と思えるようになったとのこと。さて、何がきっかけだったのでしょうか?




■あまり好きじゃなかった野球


――野球を始めたのはいつからですか?
北山「小学校3年生の時ですね」

――野球をやるきっかけは何でしたか?
北山「父も横浜高校で野球をやっていて、その影響もあって物心つく前から野球で遊んでいました。父は阪神で二軍のコーチをされている高橋健さん(元広島など)と同じ学年です」

――お父さんもピッチャーでしたか?
北山「いや、内野手だったそうです」

――小学生時代は周りにサッカーやバスケットをやっている友達も多かったと思いますが、そっちをやりたいなとは思ったりしなかったですか?
北山「確かに同級生で野球以外のことをやっている子も多かったですけど、自分は野球が一番得意だったので自然と野球を選びました」

――野球以外には何かスポーツはやっていましたか?
北山「スイミングも少しやっていましたけど、通っていたスクールがつぶれてしまって半年くらいやっただけでした」

――お父さんは厳しかったですか?
北山「いや、そんなことはなかったです。ただ小学校3年生で瀬谷リトルに入ったんですけど、硬式だったので怖いという思いがあって、正直あまり好きじゃなかったです」

――それでも続けられたのはなぜだと思いますか?
北山「みんなで試合して勝ったり、抑えたり、打てたりするようになって、だんだん野球が楽しいなと思えるようになりました。人数もそんなに多くなかったので、全員試合に出られたのも良かったかもしれません」

――練習は厳しかったですか?
北山「練習自体は土日だけで、今思うとそれほど厳しいことはなかったと思います」

ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS