ニュース

保護者に聞いた、「罵声なし、週に練習半日」のチームを選んだ理由

無断転載禁止
神奈川県川崎市に新しい少年野球チームが誕生した。チーム名は「ブエナビスタ少年野球クラブ」。チーム設立からわずか半年ほどで30名超の子ども達が集まり、メディアでも紹介され話題となりました。少年野球人口が減少しているといわれる現在、なぜ短期間に多くの子ども達が集まったのでしょうか? このチームを選んだ保護者の皆さんに話を聞いてみました。




■1年生のお母さん


Q:ブエナビスタに入ったきっかけは?
子どもを入れるチームをネットで探していて、最初に「春日学園少年野球クラブ」のことを知って、チームの方針に共感して連絡してみたら、川崎にも同じようなチームもありますよと教えてもらい、ブエナビスタのことを知りました。
元々地元の少年野球チームに入っていたんですけど練習が朝から晩まであって、1年生の息子にはちょっとハードだったので辞めてしまいました。そこで本人に「こんなチームもあるけどもう一度野球、やってみない?」って聞いてみたら、一度行ってみると言って。そしたら「ここでやりたい!」と言ってくれて。

Q:ブエナビスタのいいところは?
活動時間が週に1/4(土日のどちらかの午前、また午後のみ)と活動時間が決まっているのがいいですね。休日に家族で出かけたりとか、野球以外のことにも時間が使えるところがいいですね。

Q:このチームに入って感じたお子さんの変化はありますか?
グラウンドの中ですごく楽しそうでイキイキしています。家に帰ってからも、バットを振ったりキャッチボールをしたり自分から練習をするようになりました。

■3年生のお母さん


Q:ブエナビスタに入ったきっかけは?
去年この地域に引っ越してきました。子どもも野球が好きでキャッチボール程度はしていて、そろそろチームに入れたいと思っていて。でも、土日が終日練習で休みの日は必ず野球というのはちょっとまだ早いかなと思っていて。もうちょっと他にないかなと調べている中で、たまたま「ジモティ」というアプリにブエナビスタの広告がでていて、「こんなチームがあるんだ!」と思ってすぐに問い合わせてして入部しました。

Q:他に習い事は?
水泳もやっています

Q:グラウンドのお子さんを見て何か感じることはありますか?
楽しそうにやっていますね。

Q:一週間に半日しか練習がないことをお子さんはどう思っていますか?
家に帰ってきても野球をして遊んだり、野球中継も見ていますし、野球のゲームもしていますし、グランド以外でも野球漬けなので、野球を週に半日しかやっていないという感覚が本人にないみたいですね。

Q:ブエナビスタのいいところは?
みんなで盛り上げて、楽しんで野球をやっている感じが、体験にきてみてすごくいいなと思いました。強くなるには練習の量だけじゃなくて質なのかと感じました。ここでも、強くもなれるし、楽しくもできると思います。

■3年生のお母さん


Q:ブエナビスタに入ったきっかけは?
前のチームは練習量が土日祝日の朝から晩までと多かったのと、お母さんが必ず毎年何か係を担当しなければならなくて。試合の時期は遠回しに「練習を休むな」と監督にも言われて。覚悟を決めて入ったつもりだったんですけど、これは多分続けていけないと思って、入部して一月ほどで辞めてしまったんです。子どもは楽しくやっていたみたいで「辞めたくない!」と言っていたので「ホントごめんね」って謝って……
その時に宇田川GMが新しく作るチームの方針の話などを聞いて、設立からチームに入部しました。

Q:ブエナビスタのいいところは?
土日の半日練習ですね。休みやすいと言ったらアレですけど、誰が休んでも誰も何も思わないし。(見学に来た)お母さんも喋りたい人たちは喋るし、一人で見たい人は一人で見るし。自由な感じがいいですね。お茶当番とかもないですし。

Q:「もっと練習したい!」とお子さんに言われませんか?
これぐらいがいいみたいです。前のチームは一日中やっていましたが、帰ってきたら疲れて機嫌も悪かったですし。本人にはこれくらいがいいみたいです。

ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS