ニュース

ひたすら野球を楽しむ! 吉本芸人とプロ野球選手による野球普及イベント

無断転載禁止
22日、明治神宮野球場で吉本興業が主催する『よしもとエンジョイベースボール』が行われた。参加対象は小学校5年生、6年生で野球チームに所属しており、今後野球を続けるか悩んでいる子ども達。そんな子どもに改めて野球の楽しさを感じてもらおうというのが今回のイベントの趣旨である。参加したのは以下のプロ野球関係者と吉本興業所属の芸人たちだ。



・出席者一覧
斎藤隆(東京ヤクルトコーチ)
福留孝介(阪神)
牧田和久(東北楽天)
上田剛史(東京ヤクルト)
遠藤章造(ココリコ)
トータルテンボス
とにかく明るい安村
おばたのお兄さん
竹内健人=進行役
※他にも野球経験のある若手芸人も参加

小雨もぱらつくあいにくの天候だったが、会場には約40人の子ども達がつめかけた。まずは出席者からのあいさつの後、ウォーミングアップとキャッチボールを開始。この時も常に進行役の竹内さんと斎藤隆さんがマイクを持ち、ポイントなどを解説していく。キャッチボールが終わると、ティーボールを打つバッティングへと移行。ここでは福留、上田両選手によるデモンストレーションも行われ、放たれる鋭い打球に大きな歓声が上がっていた。



バッティングの後にバッテリーはピッチング練習、野手はゴロ捕球とフライ捕球の練習を行い、2チームに分かれて試合が行われた。ここでも『ひたすら野球を楽しむ』というコンセプトに沿って、子どもにやりたいポジションを聞きながら行い、良いプレーだけでなくエラーや三振に対しても拍手や声援が盛んにかけられていた。



参加した子ども達は既に野球チームに所属しているということもあって、ある程度のレベルに達しており、速いボールを投げるピッチャーや鋭い打球を放つ野手も少なくなかった。基本的に全員が初対面の中で行われたが、選手や芸人が積極的に声をかけて楽しい雰囲気を作っていたのが印象的だった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS