ニュース

中学野球の新星、東京インディペンデンツ、新ユニフォームが完成!

無断転載禁止
今年、東京都で結成された東京インディペンデンツは、どの少年野球団体にも所属しない少年野球チーム。中学生を対象に「すべては選手の未来のために」をコンセプトとして設立されたユニークなチームだ。この度、待望のユニフォームが完成した。

ユニフォームはMLBのロサンゼルス・ドジャースのデザインを基調にしている。

 



「日本のアマチュア球界の常識に囚われないという意味で、まずはキャップのツバはフラットにしました。ヤンキースを真似たユニフォームのチームはよく見ますが、ドジャースはあまりないことや、西海岸のような自由な雰囲気のチームしたいこと、そして選手からの要望もあったことから、このデザインにしました」

ユニフォームを担当した佐藤謙太さんは話す。

東京インディペンデンツは、硬式、軟式両方のボールで野球をする。グラウンド状況や相手チームなどで、柔軟に対応をするのだ。
公式戦はないが、年間20〜30試合を行う中で、野手には一定以上の打席、投手にも登板機会を確保する。またポジションは固定しない。
いろんなレベルの子供が試合に出場することで経験値を高めてもらおうということだ。

また、東京インディペンデンツは「野球肘」など、子供の野球障害にも最大限の配慮を行う。
指導者も健康障害について常に勉強し、アップデートするという。

監督は、横浜高校時代は捕手として成瀬善久とバッテリーを組み、2003年のセンバツで準優勝。東北福祉大でも全国優勝。日本通運でも都市対抗に出場した太田智英監督。
野球エリートとしてトップレベルで野球をしながらも、常に野球人口の減少、子供たちの野球環境の変化が気になっていたという。
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS