ニュース

阪神・藤川のフォークに八木裕氏「落ちがよくなっている」

無断転載禁止
阪神・藤川球児 (C) Kyodo News
2020.08.02 18:00
阪神タイガース 3 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
甲子園
○ 阪神 3 - 1 DeNA ●
<9回戦・甲子園>

 阪神の藤川球児が、1点リードの8回からマウンドにあがり1回を無失点に抑えた。

 先頭のロペスを1ボールから2球連続フォークで空振りを奪うと、MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-DeNA戦』で解説を務めた八木裕氏は「フォークも落ちがよくなっているような感じがします」と分析。最後は高めの146キロストレートで空振り三振に仕留めた。続く倉本寿彦を147キロのストレートで遊ゴロ、大和にセンター前に運ばれたが、柴田竜拓を右飛に打ち取った。

 八木氏は「高めのボールをうまく捉えられない、もしくは見送れないんだったら、球児のストレートも少し復活してきたのかな。そういう感じはしますね」と話していた。

(提供=MBSベースボールパーク)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM