ニュース

未就学児童と低学年を「野球好き」にする「北摂ベースボールアカデミー」の取り組み

無断転載禁止
NPO法人「北摂ベースボールアカデミー」は、大阪府北部の北摂エリアで野球をやったことがない子供たちに向けて、初心者の小学生に向けた野球教室を展開している。

大阪は日本屈指の野球どころとして知られるが、未就学児や小学校低学年に「野球の楽しさ」を教えるような入門的な教室はあまり行われていない。

「北摂ベースボールアカデミー」理事長の植松剛史氏は、筑波大体育専門学群、同大学院体育研究科でスポーツ経営学を学ぶ。その後千葉県、大阪府での小学校教諭を経て昨2019年にNPO法人を立ち上げた。

設立から今年1月にかけて、「親子野球イベント」を3回実施。近隣の未就学児や小学校低学年の子供を対象に、入門イベントを開催した。

ウレタンボールを使った「捕る、投げる」「打つ」、さらには「試合」を体験する。子供だけでなく付き添いの大人たちも一緒に参加して、親子ともどもで「野球の楽しさ」を体感してもらった。

また、設立当初から大阪府豊中市の千里北町公園野球場で、定期的な野球教室を行っている。

6歳から9歳の野球をやったこともない、ルールもほとんど知らない子供が対象。

毎週木曜日の午後3時半から5時までの1時間半、植松コーチが指導を行う。

こうした初心者の子供向けの教室は、これまでもなくはなかった。少年野球チームなどがイベントとして行うことがあった。しかし、そうした教室は指導者が子供を整列させて、挨拶の仕方を教え、ランニングをさせたり「大人たちが考える野球」を子供に教えるような指導が多かった。

「北摂ベースボールアカデミー」の野球教室は、遊んでいるうちに自然と野球が好きになるような内容になっている。

また道具はすべてアカデミー側が用意をする。子供たちは水筒などを持参するだけだ。

また、従来の少年野球チームでは付き添いの母親が水分補給などの準備をしたり、指導者の食事の用意をすることも多かった。いわゆる「お茶当番」だ。

しかしこのアカデミーでは、付き添いの親の負担はほとんどない。そういう形で野球への敷居を低くしているのだ。

月謝は月額6600円。

ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS