ニュース

「選手」を真ん中に置いた学童野球リーグ「Players Centered League」(後編)

無断転載禁止
横浜市のあるグラウンドで早朝8:15から試合が行われていました。行われていたのは来春からの開幕を目指す新しいリーグ戦「Players Centered League」(以下、PCL)のプレリーグ戦。”子ども達を真ん中に置いたリーグ”とは一体どんなリーグなのでしょうか?




学年、実力に応じた4つのカテゴリー


まずこのリーグは、単に近隣チームと試合をするためにだけに設けられたのではありません。このリーグを全国に広げることによって野球人口の増加につなげたいというビジョンを持っています。
「子どもは練習がしたいかから野球を始めたのではなく試合がしたいから野球を始めたのだと思います。ですからリーグ戦を通じてそれを達成してあげたいのです」そう話してくれたのはP C L実行委員長の加古さん。このリーグが全国的に広まることによって、「少し野球に興味がある」という程度の子どもたちに野球本来の“試合を楽しむ”を体験してもらう機会を増やし、それによって野球人口の増加につなげたいと考えているのです。

そのPCLは文字通り選手である子ども達を「真ん中」に置き、その子ども達を中心に次の5つを理念、行動基準にしています。

【無限】「子どもたちが無限の力を発揮できる環境を創り続ける」
→子どもたちが自ら試合の場を作り、運営する(野球をやりたい!だから自ら準備する)

【挑戦】「子どもたちの「もっと野球をやりたい!」を実現する」
→子どもたちに多くの成長機会を提供する(ゲーム出場機会増の工夫)

【友】「挑戦する仲間を認め合うスポーツマンシップの浸透」
→子ども同士、互いに認め合い、尊重する(スポーツマンシップ精神)

【夢】「子どもたちが夢を語ることを当たり前にする」
→子どもたちが考え、決めて、行動する(大人の枠、先入観、思い込みは不要)

【応援】「子どもたちの挑戦を大人が いっぱい応援できる空気をつくる」
→子どもたちの心と体の成長を応援する(手を出さず手を貸す。口を出さず見守る)



PCLの大きな特徴は、学年、実力に応じた4つのカテゴリーに分かれていること。カテゴリーごとにルールなどは異なりますが、共通ツールとして当日参加した選手は「全員出場」(攻撃において少なくとも1打席は打席に立つ)が決められているため、誰でも試合に出場できるようになっています。

現時点のカテゴリーごとのルールなどは以下のようになっています(現在行われているプレリーグ戦であらゆる試行錯誤を繰り返しながら可能性を模索している段階ですので、今後変更になるルールが追加、変更される場合もあります)。

【CLASS-A】(5-6年生中心)
塁間23m・投手16m/試合形式:7回制(100分)/盗塁:あり/球数制限:70球/攻撃:1イニング最大打者9人で攻守交替/使用球:J球

【CLASS-B】(4年生以下)
塁間21m・投手14m/試合形式:5回制(80分)/盗塁:1イニング2回まで/球数制限:50球/攻撃:1イニング最大打者9人で攻守交替/使用球:J球

【CLASS-C】(1-3年生)
塁間19m・投手13-14m(レベルに応じて調整)/試合形式:5回制(60分)/盗塁:なし(リードあり)/球数制限:40球/攻撃:最大10分で攻守交替/使用球:J球、D球

【CLASS-D】(1-2(3)年生)
メンバーに応じ柔軟に対応(塁間18mが基本)/試合形式:時間制(40分) or21点先取/盗塁:なし(リードなし)/球数制限:30球/攻撃:最大7分で攻守交替/使用球:D球、Tボール
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS