ニュース

ヤクルト打線に江本氏「繋がってこない」、若松氏「考えないと」

無断転載禁止
ヤクルト・高津臣吾監督
2020.09.11 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 1 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
○ 巨人 2 - 1 ヤクルト ●
<14回戦・東京ドーム>

 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた江本孟紀氏と若松勉氏がヤクルト打線について言及した。

 1-0の5回、ヤクルトは先頭の塩見泰隆がセンター前安打で出塁したが、続く坂口智隆が3ボール1ストライクから巨人先発・戸郷翔征のストレートに手を出し、中飛に倒れる。この打撃に若松氏は「個人個人が打席に入ったら考えないとダメですよね」と指摘。

 3番・山田哲人も3ボール2ストライクから三飛に打ち取られた。江本氏は「これじゃ野球にならないですよね。せっかくピッチャーを追い込んでいって、これじゃね。打線が繋がってこないんですよね」と苦言を呈した。

 結局、村上宗隆が一邪飛に倒れ、ノーアウトのランナーを活かすことができなかった。

 ヤクルトは毎回のように先頭打者を出しながらも、奪った得点は山田哲人のソロのみだった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM