ニュース

「理想の高校野球」を求めて、大阪わかば高校川村大輔監督の挑戦

無断転載禁止

小中高で野球の未来を考える


「野球離れ」が進む野球界の、シビアな現実だといえるだろう。川村監督は、新任校に着任してから「野球離れ」について深く考えるようになった。

「いずれ、野球部がある学校に転勤するかもしれませんが、それを待っているだけでは先細りです。子どもたちが先にいなくなってしまうでしょう。それを待つだけでなく、子どもたちに働きかけて、野球を始めてもらいたいと考えています。

他校の先生方とも協力して、この12月に同志社香里中学で、小学生対象の野球体験教室を開こうと考えています、近隣の中学、高校の野球部員にも手伝ってもらって、少しでも野球が好きになる子どもを増やしたい。野球をやる環境が少ないので、広場開放みたいな形で『野球に親しむ日』みたいな感じにしたいですね。

そして、小・中・高をつなげていろんな問題点に取り組める、地域の野球連合会みたいなものを作って野球振興について取り組む必要があると感じます。

2人しか野球部員がいない高校に赴任したことも勉強だと思っています。彼らに野球の体験をさせるとともに、野球の普及活動に取り組み、今後の高校野球の指導につなげていけたらと思っています。」(取材・文・写真:濱岡章文)
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS