ニュース

宮前ドリームスのバッティングドリル紹介

無断転載禁止
この日訪れた宮前ドリームスではいくつかのバッティングドリルを行っていました。そのうちの「インサイドアウトでバットを出す練習」「インコースのボールを打つ練習」「タメを作る感覚を養う練習」を動画で紹介します




バッティングドリル(1)



インサイドアウトでバットを出す練習です。
打者は体の正面を投げ手に向けます。
軸足(右バッターの場合は右足)の股関節にしっかり体重を乗せて溜めたものをボールにぶつけにいくイメージでスイングします。

腕で振りに行くのが一番ダメ。
意識して欲しいのは右の股関節を伸び上がらせずにそのままボールにぶつけに行くイメージ。
この感覚が養われると逆方向に強い打球が飛ぶようになります。


バッティングドリル(2)



インコースのボールを打つ練習です。
打者は投げ手の方を向き、投げ手はインコースにボールをトスします。
右バッターの場合、下半身は右の股関節に溜めたものをフィニッシュで左の股関節に移すイメージ、上半身は両手を内から出すイメージでスイングします。
注目して欲しいのは右の股関節と軸足の動きです。
右の足を十分に回さないとインコースは打てません。

バッティングドリル(3)



タメを作る感覚を養う練習です。
ピッチャー側の足をあげた状態を5秒間キープします。
しっかりとブレずにバランスよく体幹で立つイメージです。
この感覚が養われるとどんな変化球がきて体勢を崩されても、体幹でしっかり支えて対応できるようになります。
この時も軸足の股関節にしっかりと体重を乗せることが重要です。

解説:高橋直樹さん(宮前ドリームスコーチ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS