ニュース 2020.12.22. 15:45

宮前ドリームスのゴロ捕球ドリル紹介

無断転載禁止

前回は宮前ドリームスで行われていたゴロ捕球ドリルを紹介しましたが、今回は4つのゴロ捕球のドリルを紹介します。どれもゴロを捕球する基本的な動きになります。宮前ドリームスではこのドリルを必ず毎回行なっているそうです。


ゴロ捕球ドリル(1)

股を割った状態でゴロを捕球します。
このとき、グラブを持った側の足のつま先は浮かせておきます。
捕球後につま先を着くことで、自然に一塁に向かって体重移動ができるようになり送球の流れがスムーズになります。
また、捕球後はグラブを胸に抱えるように持ち上げ、送球のステップは軸足を投げる方向に向けるようにします。
この一連の流れをゆっくりと確認しながら行います。

 

ゴロ捕球ドリル(2)

片足(右投げの場合は右足)でケンケンをしながら転がってくるボールを迎え、捕球する直前に反対の足(右投げの場合は左足)を着地させる。こうすることで補給する前の「間」の感覚を養います。

 

ゴロ捕球ドリル(3)

細かなステップを刻んで置かれたコーンの間を通り抜けて、ドリルの(1)、(2)の動きを意識しながらゴロを捕球します。これは頭と体幹をブラさずに捕球することが狙いです。

 

ゴロ捕球ドリル(4)

湾曲に置かれたコーンに沿ってボールを回り込み、ドリルの(1)、(2)、(3)の動きを意識しながら捕球します。これは転がってくるボールに「衝突」せずに回り込んで捕球できるようになることが狙いです。

ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS