ニュース

成長期に重要な栄養素は?元メジャーリーガー・川﨑宗則さんもオススメの成長期サプリの秘密

無断転載禁止
「あの子、もう少し身長があれば...」「うちの子、体が小さいから...」
少年野球の現場を回っていると、指導者やお父さん、お母さんからのこんな声をよく耳にします。
子どもの成長は人ぞれぞれ。早い子もいれば遅い子もいます。でも親としてはやっぱり子どもの体が小さいと心配になるものですよね。




“限られた成長期”に何を摂取するかが重要


小学生〜高校生までの成長期は体を大きくする最大のチャンス。成長期は限られた期間しかないからこそ、お子さんには成長に必要な栄養素をしっかり摂取させてあげたいですよね。。

この記事を読まれているお父さん、お母さんは子どもの頃に、「たくさん牛乳を飲むと良い」「小魚をたくさん摂ると良い」など、とにかくカルシウムをたくさん摂取するように言われませんでしたか?

でもカルシウムだけではダメなんです。

カルシウムは骨を作る栄養素ではありますが、大事なのは「伸びる力」をサポートできる栄養素なんです。その栄養素が「アルギニン」です。

「アルギニン」ってなに?


アルギニンとはタンパク質を構成するアミノ酸の一種で肉、魚、大豆製品などに多く含まれている栄養素です。
このアルギニンは、成人であれば体内で作り出すことができますが、成長期の子どもは体内で十分な量を作り出すことができません。そのため食事やサプリメントなど外部から摂取する必要があります。

では「アルギニン」はどれくらい摂取する必要があるのでしょうか?

【参考】
WHOの1日あたりの推奨摂取量
体重×100mg〜120mg

体重50kgの場合であれば5,000mg〜6,000mgが必要!

この量のアルギニンを食事で摂ろうとすると、これだけの量が必要になります。

・豚肉、鶏肉であれば約400g
・納豆であれば10パック以上

これを毎日食事で摂取するのは大変ですよね。足りない分のアルギニンはサプリメントから効率的に摂取するのが理想的です。
実際に、広島カープで15年間トレーニングコーチを務められていた石橋秀幸さんも、成長期の子どものアルギニンの摂取について、以下のようにコメントされています。

「お子さんの成長のためには、アミノ酸が必要だということはよく知られています。アミノ酸の中でも、アルギニンが特に重要な成分になりますが、アルギニンは少量を摂取しただけでは意味がなく、お子さんの成長という観点においては、一日に5,000mg以上を摂取することが望ましいでしょう」

このように、プロのトレーナーである石橋さんも、子どもの成長のためにはアルギニンを一日5,000mg以上摂取することを推奨されています。

そこで今回、数ある成長期サプリの中から、アルギニンを5,000mg以上摂取でき、元メジャーリーガーの川﨑宗則さんもオススメする成長期応援サプリメント「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」をご紹介します。

この「ドクターセノビル」の特長は、1包にアルギニンが2,500mg配合されていて、1日2包で5,000mgのアルギニンを摂取できるところ(1箱60包入り、約1ヶ月分)。現在数多くの成長期サプリが販売されていますが、アルギニンがこれだけ配合されている成長期サプリはこの「ドクターセノビル」しかありません。

また、味はグレープフルーツ味とパイン味の2種類があり、口コミやお客様の声を見ても「美味しい」「飲みやすい」と好評で、お子さんの好みやその日の気分に合わせて飲み分けることができます。

成長期に必要なその他の栄養素も配合




「ドクターセノビル」にはアルギニンだけでなく、アルギニンと相性の良いシトルリンやオルニチン、ビタミンB1、B2、B6、B12といった成長期に必要なその他の栄養素もバランス良く配合されています。

また、クエン酸も1袋に2,100mg配合(1日2袋で4,200mg)されているため、お子さんの回復と成長、パフォーマンスをアルギニンとともにサポートしてくれるのもポイント。

川﨑宗則さんが「ドクターセノビル」をオススメする理由



「僕は中学3年の時に161cmくらいで体が小さくて、いつも伸ばしたい、大きくなりたいと思っていました。でも、小さい頃は子どもだけで体を大きくしようと思っても難しいですよね。親のサポートも必要です。

身長は高校で179cmまで伸びました。とにかくよく食べましたね。

特に朝の食事が大事。子どもたちって夜は結構食べるけど朝ってあんまり食べたくないんですよね。でも朝のタンパク質(アミノ酸)は大事です。そういう時に親のテクニックとしてタンパク質(アミノ酸)を摂れたりするようにすると子どもたちの成長につながると思います」

「昔は『ドクターセノビル』のようなサプリメントがなかったので食事をたくさん摂る事ばかり気をつけていましたが、実際のところは栄養が偏っていたと思います。

糖質をたくさん摂っていたので頭は働いていたのですが、アミノ酸が足りず筋肉が細くなっていたと思います。

だから今の子たちはドクターセノビルのようなアルギニンが高配合されたサプリメントを上手く摂取して、その上で食事をきちんと摂れば、全体的に素晴らしい栄養バランスになると思いますし、必ず良いパフォーマンスにつながると思います」

川﨑宗則さんもオススメの「ドクターセノビル」の詳細はこちら

世界で活躍するジュニアアスリートたちはもう飲んでいる


実際に、皆さんのお子さんと同年代の選手の中には、「ドクターセノビル」を飲んで世界で活躍している選手や世界を目指し国内のトップレベルで活躍する選手がたくさんいます。ここでは、日々「ドクターセノビル」を飲んでいる彼らの感想の一部を集めてみました。

世界少年野球大会2019 日本代表・大会MVP
伊藤櫂人選手(15歳・179cm)


「毎日、夜寝る前にドクターセノビルを飲んでいます。学校での生活や野球をしている中で、少しずつ実感してきました。体格もがっちりしてきてパワーもついてきています」

バドミントン世界ジュニア2018 銀メダリスト
奈良岡功大選手(18歳・174cm)


「すごく飲みやすく、ジュース感覚で飲めるのでずっと続けられると思っています。また、アンチ・ドーピング認証の「インフォームドチョイス」の審査も通っているので、安心して飲んでいます」

バスケットボールU13ナショナル育成キャンプ選出
角田絆奈選手(14歳・174cm)


「朝食後と練習後に飲んでいます。グレープフルーツ味が好きで、運動後に飲むとさっぱりします。ドクターセノビルを飲むようになってからは疲れを感じにくく、動きやすくなりました」

*個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。
*年齢・身長は取材時のものです。


この他にも、プロ選手やオリンピック選手を目指す多くのジュニアアスリートの身体づくりに「ドクターセノビル」が使われており、たくさんの写真が送られてきています。

多くのジュニアアスリートが愛用する「ドクターセノビル」の詳細はこちら

元プロ野球の管理栄養士も推奨


オリックスバファローズで管理栄養士をされていた古賀圭美さんも「ドクターセノビル」を推奨しています。

「成長期の子どもは、身体の成長のために大人と同じか、それ以上の栄養が必要になります。

さらにスポーツなどで身体を動かす機会が多くなると、そこで消耗したエネルギーやアミノ酸などを補うために、必要量以上の栄養を摂らなければならなくなります。

しかし、1日3回の食事の中でその必要量を満たすことは容易ではありません。

もちろん食事だけで補えるのであれば問題ありませんが、難しい場合は『ドクターセノビル』のようなサプリメントの力を借りることもひとつの手段です。

『ドクターセノビル』なら、一日2袋以上を飲むだけで成長期のお子さんに必要な一日のアルギニン量をとても手軽くカバーすることができます。

また、『ドクターセノビル』はアルギニンの吸収率を高めるオルニチンやシトルリンが配合されているのもポイント。

成長期は食事での基本的な栄養摂取が大前提ですので、『効果がありそうだから』と安易に『カルシウム重視』や『栄養バランス重視』のサプリメントに手を出すのではなく、『ドクターセノビル』のように成長期の『伸びる力』に特化していて、アルギニンなどのアミノ酸の配合量が明記されているサプリメントを飲むのが良いでしょう」

栄養素以上に評価されている安全性





ここまでお読みいただいたお父さん、お母さんの中には、「子どもにサプリなんか飲ませて大丈夫?」と安全面を心配される方もいらっしゃると思います。
でも、安心してください。「ドクターセノビル」は、国際基準を満たした国内工場で製造され、保存料や着色料といった不要な添加物は不使用、もちろん放射性物質などの各種試験も実施済み。

そして何より、多くのスポーツ指導者が口を揃えて言うのが、「ドクターセノビル」は成長期の男女を対象とした安全性試験を実施しており安全性が確認されていること。そして、アンチ・ドーピング認証「インフォームドチョイス」を取得していること。

この2点をクリアしている成長期サプリは他になく、多くのスポーツ指導者や親御さんがお子さんに「ドクターセノビル」を安心して飲ませることができる最大の理由と言っても過言ではないでしょう。

元メジャーリーガーの川﨑宗則さんもオススメする、累計販売数2,420万袋突破の成長期応援サプリメント「ドクターセノビル」。今なら「60日間全額返金保証」キャンペーンも実施中。成長期のお子さんのサポートに一度試されてみてはいかがでしょうか。
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS