ニュース

ハンマー投げ練習|試してみたいバッティングドリル

無断転載禁止

ハンマー投げ練習


バッティングでボールを遠くに飛ばすためには強い力が必要です。その強い力は下半身が回り、一瞬上半身が残る「捻れ」によって生み出すことができます。
とはいっても、小学生に口で伝えるのはなかなか難しいですよね。そこで試してみてもらいたい練習が動画の「ハンマー投げ練習」です。

▼用意する物

ゴミ袋
バスケットボール(またはバレーボール)

ゴミ袋にバスケットボールやバレーボールなど少し重みのあるボールを入れ(動画ではサッカーボールを入れていますが、これだと少し軽いです)、ハンマー投げの要領でグルングルンと回し、センターの方向へ遠くに飛ばすイメージでネットに投げます。そうすることで体を捻る感覚を養います。





捻れができるようになると、強い力をボールに伝えられるだけでなく、打ちに行きながらボールを見極めたり、緩急にも対応できるようになります。ぜひ、やってみてください。
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS