ニュース 2021.12.14. 13:20

「厳しいけど強い」ではなく「楽しくて強い」|江戸崎ボーイズ


【そんなに休んでなぜ勝てる!?】


家族と過ごす時間を大切にしてほしいから年末年始は30日休む。コロナ禍前にはそんな「積極的休養」を取り入れていたことは2年前にもお伝えした。長い休み期間は自分で考えて練習、トレーニングを行わなければいけない。そうやって先輩たちは全国ベスト4まで勝ち上った。そんな素地があったからこそ、コロナ禍で長期間チームで練習ができなくても江戸崎ボーイズは強さを維持することができた。



「現場ではもう少し練習をやらないと厳しいな、と思うことも初めはありましたけどね」と今では笑って話す渋谷監督だが、現在は土日の練習でさえも16時には終わっているという。

「野球も大事ですけど、家族との時間も大事にしてほしいですから。だから家族に練習が終わる時間やチームの予定を早くアナウンスしてあげることも常に意識しています」

こういった方針の根底にあるのは藤田オーナーの実体験だ。中学時代に毎日夜遅くまで野球を頑張っていた息子さんは卒業後に県外の高校へ進学した。当然家族と離ればなれの生活になった。その時になって「息子と一緒に過ごす時間をもっと大切しておけば良かった」と思ったのだという。
選手と家族が過ごせる時間もあと少しかもしれない。だからこそ、家族と過ごす時間も大事にしてほしい。チームの休日の多さ、練習終了時間の早さにはそんなオーナーの強い思いがある。

【子ども達が集まる理由】




2年前に取材したときから部員はさらに増えて現在は70人。その活躍ぶりから多くの子ども達が集まってくるようになった。来る者は拒まず、セレクションも行っていない。
県内の強豪、全国大会の常連チームに成長しながらも江戸崎ボーイズは学習塾と提携して子ども達の学力強化にも取り組んでいる。「楽しくて強い」だけでなく、「文武両道」にも力を入れているチームなのだ。

2014年に創設されたチームの一期生は今年大学1年生になった。江戸崎ボーイズ出身の選手達がこれからどんな活躍を見せてくれるのか、注目してみたい。(取材・文・写真:永松欣也)

< 1 2

ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS