ニュース 2022.12.15. 16:52

「ジャパンウィンターリーグ」に唯一挑戦した高校生、高崎商大附・馬場悠吏選手の将来展望


【伸びるか伸びないかは自分次第】


開幕第2戦で馬場選手は投手として登板し1回を投げて19球、1被安打2与四死球、自責点1を記録した。

「僕自身は、来年、どこに言ってもいいと思っています。独立リーグでもクラブチームでもいい。とにかく野球をしてレベルアップを目指したいです。
このリーグでスカウトの方の目に留まればそれは良いですが、そうでなくてもいろいろな話を聞いて持ち帰りたいと思います。
2週間とはいえ、毎日試合をするのは初めての体験ですが、伸びるか伸びないかは自分次第なので、プロに行ける環境に届くまで挑戦します」(取材・文/写真:広尾晃)

< 1 2

ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS