ニュース 2017.01.08. 11:26

川崎がカブスとマイナー再契約! 36歳になる17年もメジャー昇格目指す

無断転載禁止
2016 年に続きカブスとマイナー契約を結んだ川崎宗則

渡米6年目もマイナーからの出発!


 去就が注目されていた川崎宗則内野手が、カブスとマイナー契約を結んだと米複数メディアが報じた。2月のメジャーキャンプには招待選手として参加する。

 川崎は昨季、カブス傘下の3Aアイオワで102試合に出場し、打率.255、出塁率.352をマーク。メジャー出場は14試合にとどまったものの、少ない出番の中で打率.333、出塁率.462の好成績を残した。ポストシーズンのメンバーからは外れたが、緊急要員としてチームに帯同。ベンチから若いチームを鼓舞し、108年ぶりとなる世界一の瞬間をチームメイトとともに喜んだ。

 川崎はソフトバンクに所属していた2011年オフに海外FA権を行使し、12年にマリナーズとマイナー契約を結んだ。13年以降はブルージェイズ、カブスと渡り歩き、両球団で地区優勝を経験。36歳になる新シーズンもマイナー契約スタートとなるが、過去5シーズンはいずれもメジャー昇格を果たしている。

widgetId: '2b5c22c2f9aca77097a4830998ad03515c55bc34', insertBeforeElementId: 'cx_2b5c22c2f9aca77097a4830998ad03515c55bc34', width: '100%', height: 303, renderTemplateUrl: 'auto' }]);