ニュース

ロッテ・伊東監督が新人合同自主トレを視察 「自覚を持ってやってもらいたい」

無断転載禁止
新人合同自主トレに参加したルーキーたち
 10日、ZOZOマリンスタジアムで行われた新人合同自主トレを、ロッテの伊東勤監督が視察した。

 練習を視察した伊東監督は「あくまでも2月1日のキャンプからがスタート。それに備えての練習をしている。この時期にケガをしてしまったらキャンプでスタートラインに並べない。それだけでマイナス。その辺は自覚を持ってやってもらいたい」とメッセージを送った。

 また、2月1日から石垣島で行われる春季キャンプについては「基本は(ルーキー)全員一軍キャンプに参加させたいんですけど、そういうわけにはいかない。基本は即戦力とみている大学・社会人は一軍に帯同させようと考えている」と大学・社会人ルーキーたちが一軍キャンプメンバーに入ることを示唆。

 一方で、「練習をやっていて体力的に厳しいなという意見がでれば、それはそれで考えます。トレーニングコーチにはしっかり見ておくようにと伝えてある。同じ敷地内で二軍のキャンプもやっている。仮に最初メンバーに漏れたとしても、頻繁に入れ替えができる。これが全てではない」という考えを示した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西