ニュース

西武・森、気合の丸刈りで目指せ3割捕手

無断転載禁止
高校以来の丸刈り姿を披露した西武・森
 西武の森友哉が10日、西武第二球場で自主トレを公開。山川穂高とランニングやキャッチボールなどを行った。

 練習後には報道陣から促され、恥ずかしがりながらも高校以来という丸刈り姿を披露。「後悔したけど、お風呂は楽」とはにかんだ。

 きっかけは後輩、高橋光成からの一本の電話だった。年末に丸刈りにした高橋光に「森さんもやりますよね」と持ちかけられ、自らバリカンを手にしたという。

 決意の丸刈りだ。森は「今季への意気込み」と頭をなでる。昨季は、終盤から主に捕手として試合に出場し、自己最多の22試合で先発マスクをかぶった。今季は「キャッチャーには強いこだわりがある。守備メインでやっていきたい」と力強く言い切った。

 ひとまずの目標は「規定打席に立つこと」。そして、「打率3割、(捕手として)半分くらいは出たい」と続けた。

 課題は「配球」。森がルーキーの頃、「いろいろと教わった」という秋元宏作コーチが今季から一軍バッテリーコーチに就任。森は「また一緒にやっていきたい。勝てる試合を作れるように」と意気込んだ。

 「一からという気持ちで」。正捕手・炭谷からその座を奪ことが簡単でないことはわかっている。それでも「キャッチャーで勝負がしたい」と21歳は覚悟を決めた。

 勝負の4年目。森友哉が「打てる捕手」として、正捕手の座を虎視眈々と狙う。

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西