ニュース

キャッチャーは原口!山本昌が考える“最強チーム”とは…

無断転載禁止
ナムコスターズに入団した山本昌氏

“レジェンド”が現役復帰!?


 球界の“レジェンド”こと山本昌氏が18日、人気野球ゲーム『ファミスタ』シリーズの30周年記念イベントに登場。ファンにはお馴染みとなっている「ナムコスターズ」への入団がサプライズ発表され、本物さながらの“入団会見”を行った。

 「非常に歴史あるナムコスターズに入団でき、非常に嬉しく思います」と喜びを語った山本氏。今回はファミスタに登場した当初の登録名「やまもも」として、シリーズ最新作『プロ野球 ファミスタ クライマックス』に登場することが決まり、「非常に親しまれてきた歴史あるチームですので、それに恥じないよう頑張っていきたい」と意気込みを述べた。


山本昌氏が考える“最強チーム”


 『ファミスタ』の醍醐味といえば、やはり自分だけのドリームチームが作れること。ということで、会見では山本昌氏が考える“最強チーム”構想が披露された。

 1番には、『ファミスタ』シリーズでお馴染みの韋駄天・ピノを指名。塁間を2秒で移動する快足の持ち主で、バントで転がせば相手の送球の間に次々と塁を陥れ、最後はホームに帰ってくるという“反則技”でも歴代のファンを楽しませてきた選手だ。

 初期の頃からの『ファミスタ』ファンだという山本氏も思い入れが強く、「今回の現役復帰にあたって対戦したい選手は?」という質問でも「ピノ」を指名。「今の選手たちはほとんど対戦がありますので、昔から超有名なピノ選手と対戦したみたいです」としながらも、「僕のクイックが1.2秒くらいなので、捕手が0.8秒で投げるのは無理ですから、ピノ選手の盗塁を刺すのは無理ですね...」とお手上げ状態であることを明かした。

 その他はすべて現役のプロ野球選手。実際の侍ジャパンメンバーがほとんどを占める中、自身の女房役となる捕手には打力を評価し、阪神・原口文仁を指名している。

 「私がこのチームに投げろと言われたら、『今日は体調が悪い』と辞退します」と語るほど、怖いチームに仕上がった山本氏が考える“最強チーム”は以下の通り。


▼ 山本昌氏が考える“最強チーム”

1.(中)ピノ [ナムコスターズ]
2.(遊)坂本 [巨人]
3.(二)山田 [ヤクルト]
4.(一)中田 [日本ハム]
5.(左)筒香 [DeNA]
6.(右)鈴木誠 [広島]
7.(指)大谷 [日本ハム]
8.(三)松田 [ソフトバンク]
9.(捕)原口 [阪神]
P.やまもも

【以下、本人による解説】

・原口文仁(阪神)
今回は夢のある打線ということで、打力重視で。

・中田翔(日本ハム)
4番で。勝負強いですし、ここぞというときに頼りになる。

・山田哲人(ヤクルト)
こちらも勝負強く、チャンスメイクもできるということで3番で。

・松田宣浩(ソフトバンク)
若い選手ばかりでは難しいところがありますので、ベテランのムードメーカーを。
まとめ役として、打順は8番くらいで。

・坂本勇人(巨人)
最近は守備も上手になってきている。
2番に入ってつなぎ役を。

・筒香嘉智(DeNA)
中田の後に入ってもらって、2人で塁を掃除してもらう形で。

・ピノ(ナムコスターズ)
伝説の選手。塁に出れば必ず点になる。

・鈴木誠也(広島)
昨年大ブレイクしましたが、あの力はまぐれではないと思っています。
守備力も高く、肩も強いですので。

・大谷翔平(日本ハム)
左右の兼ね合いで7番に。
どこでも打てる打者ですし、7番にいたら怖いなと。

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西