ニュース 2017.01.21. 20:41

一軍キャンプ22人中7人が新加入 ヤクルト投手陣は生まれ変わるか!?

無断転載禁止
高校ジャパンでも活躍したヤクルトのドラフト1位左腕・寺島

16年のチーム防御率は12球団ワースト


 ヤクルトの春季キャンプメンバーが20日に発表され、ドラフト1位で入団した寺島成輝らが沖縄・浦添での一軍キャンプメンバーに名を連ねた。さらに、メジャー通算30勝を誇るオーレンドルフら新外国人4選手も一軍入り。投手陣は22人中7人が新加入選手となった。

 2016年は投手陣が安定感を欠き、12球団ワーストのチーム防御率(4.73)を記録したヤクルト。先発陣では小川泰弘、石川雅規らの不調に加え、期待の原樹理ら故障者が続出。救援陣はオンドルセクが問題行動の末に退団するなど、首脳陣は最後までやり繰りに苦心した。

 シーズンでの投壊を受け、ドラフトでは寺島、同2位・星知弥、同3位・梅野雄吾、同4位・中尾輝、同6位・菊沢竜拓と5投手を指名した。ここから梅野を除く4投手が一軍キャンプメンバーに名を連ね、新外国人も先発候補のオーレンドルフとブキャナン、救援タイプのギルメットと全3投手が浦添行きとなった。

全6助っ人が一軍キャンプ、どうなる外国人枠


 外国選手はほかにも、昨季69試合に登板し防御率3.06を記録したルーキ、新加入野手のグリーン、そしてヤクルトで7年目を迎えるバレンティンと、全6選手が一軍入り。4つしかない外国人枠争いからも目が離せない。

 助っ人起用が流動的になりそうなぶん、ドラフト組にかかる期待は大きい。近年は中継ぎメインだった石山泰稚、村中恭兵を先発に戻す予定だが、復活を目指す館山昌平や成瀬善久、さらに2年目を迎える原らも含め、未知数な部分が多い。それだけに期待の高卒左腕・寺島が割って入る可能性もありそうだ。

 救援陣は昨季、勝ち試合で奮投した秋吉とルーキがともに70試合近く登板。秋吉は開幕前に開催されるWBCにも出場予定で、両右腕の負担を軽減するためにも救援タイプの星、中尾らには即戦力として期待がかかる。

 優勝した15年は、勝ちパターンを担ったバーネット、オンドルセク、ロマンの存在が大きく、チーム防御率は3.31を誇った。5位だった昨季は野手陣にも故障者が相次いだが、16年のチーム打率は.256、チーム総得点は594で、優勝した15年の同打率.257、同574と大差なかった。

 得点力が安定しているぶん、投手力が最大の課題であることは言わずもがな。新加入投手が既存戦力にどうマッチするか注目したい。

【PR】東京ヤクルトスワローズを観戦するなら「DAZN Baseball」

Bクラスからの王座奪還を目指すヤクルトは村上宗隆と山田哲人の復活がカギを握る。2年目の吉村貢司郎を筆頭に若手投手の成長にも注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成