ニュース

侍ジャパン、世界一奪還のカギは“投手力” 先発候補は「大谷、菅野、則本、石川」

無断転載禁止
小久保監督が先発候補として名を挙げた石川、大谷、菅野、則本(左から)
 3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一奪還を目指す侍ジャパンのメンバー27人が24日に発表され、会見に臨んだ小久保裕紀監督が投手陣の起用について言及した。

 「打ち勝つよりも投手力で点を与えない野球」。指揮官は、「投手を中心とした守り」に重きを置いて、世界一を目指すと断言した。

 メンバー選考の過程で、「一番悩んだ」と話す投手陣。「最大10日間で8試合ある試合日程は決まっている。その中で先発、第二先発、中継ぎ、抑えのバランスをどうしようかというのはコーチ陣含め、議論しました」と振り返る。

 軸となったのは、右左の変則の秋吉亮(ヤクルト)と宮西尚生(日本ハム)。「彼ら2人は早めからメンバー構成に入っていた」と明かす。さらに、「平野佳寿(オリックス)は去年の後半、交流戦明けからのピッチング含めて、あのフォークボールは武器になる。牧田和久(西武)、千賀滉大(ソフトバンク)は臨機応変に後ろのほうでも、幅広く使える」と選考の意図を説明した。

 先発の候補は、大谷翔平(日本ハム)、菅野智之(巨人)、則本昂大(楽天)、石川歩(ロッテ)の4人。初戦のキューバ戦については「強い相手ですし、経験したことのないような緊張感で選手もスタートすると思う。良いスタートを切れるかどうかは勝ち上がっていくには非常に大事な初戦。重圧の中でもしっかり結果を残せる投手に託そうと思います」と期待を込めた。

 また、投球制限のあるWBCで重要な存在となる第二先発には、松井裕樹(楽天)、牧田、千賀の名を挙げた。

 「最少失点で切り抜けられる野球でないと勝てない」。小久保監督が最強の投手陣を引き連れ、4年前に明け渡した世界王者の座を奪い返しにいく。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西