ニュース

三浦大輔氏がDeNAスペシャルアドバイザーに就任!「違う角度から」

無断転載禁止
三浦大輔氏がDeNAスペシャルアドバイザーに就任
 DeNAは27日、昨季限りで現役を引退した三浦大輔氏が、スペシャルアドバイザーに就任すると発表。同日に横浜市内の球団事務所で就任会見を行った。

 岡村球団社長は、「横浜を魅了的な街にしていくために、スポーツや地域貢献活動などアドバイスをいただきたい」と三浦氏の役割を説明。「ベイスターズの象徴として活躍された三浦氏に球団から要請しました」と就任の経緯を述べた。

 三浦氏は「引退してどうしようかと考えている時に、お話をいただき、違った角度から(野球)を見てみたいという気持ちがあったので、ありがたく引き受けました。自分もまだまだ成長したいですし、25年間育ててもらった横浜の力になれたら」と笑顔をのぞかせた。

 具体的な活動内容はこれから詰めていくとのことだが、
(1)野球
  子どもの未来と野球の未来に貢献することを目的とした球団主催の野球教室事業への参加
  教育機関やアマチュア野球の現場への視察を通して、魅力的な野球環境の構築を検討
(2)横浜
  球団、球場が進める「I☆(LOVE)YOKOHAMA」や、2017 年に新たに打ち出した「横浜スポーツタウン構想」に基づく街づくり活動への参画
(3)横浜DeNAベイスターズ
  MLB をはじめとした国内外のスポーツ視察を通じた、球団が進める「コミュニティボールパーク」化構想へのフィードバック

 また、メジャー球団や、野球に留まらず様々なスポーツの視察なども行っていく予定で、三浦氏は「色々なスポーツが見られることが楽しみ。全てが新鮮です」と目を輝かせた。

 目指すは三浦氏が「あの時はすごかった」と話す横浜が優勝した1998年の盛り上がり。「チームと一緒に横浜や野球を盛り上げていければ」と意気込んだ。

 「2月1日にユニフォームを着ていないのは25年ぶりで、寂しさはありますが、違うステージでやれる楽しみが大きい」。後輩選手一同からもらったという名刺ケースにスペシャルアドバイザーの肩書きの名刺。三浦氏が新たなステージで横浜のために再び輝く。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西