ニュース

関東王者・作新学院が挑む偉業

無断転載禁止
昨年は作新学院が優勝(C)KYODO NEWS IMAGES

偉業に挑む夏の王者


 27日、第89回選抜高校野球大会に出場する32校が発表された。

 3月19日に開幕する春のセンバツ。中でも今回注目したいのが、秋の関東王者として参戦する作新学院(栃木)である。

 昨年夏の甲子園では、エース・今井達也(現西武)を擁して全国制覇。寺島成輝(履正社→ヤクルト)、藤平尚真(横浜→楽天)、高橋昂也(花咲徳栄→広島)のいわゆる“高校BIG3”が大きな注目を集めていた分、前評判はさほど高くなかったが、大会を通して大きく成長した右腕は西武からドラフト1位で指名を受けてプロの世界へと羽ばたいた。


 春夏連覇を果たした1962年以来、実に54年ぶりの全国制覇を成し遂げた作新。その勢いは新チームになっても留まるところを知らない。

 10月に行われた秋季関東大会でも、各地区の強豪を退けて38年ぶりの優勝。全国制覇から約2カ月、他のチームよりも長い夏を過ごした分、新チームとしての始動は遅れたわけだが、そんなことは一切感じさせない強さで関東を制した。


関東王者の意地を


 関東王者として挑む春のセンバツ。作新学院に期待がかかるのが、“夏春連覇”だ。これがかなり難しい。

 同じチームで戦う“春夏連覇”でも、作新学院(1962年)と中京商(愛知/1966年)、箕島(和歌山/1979年)、PL学園(大阪/1987年)、横浜(神奈川/1998年)、興南(沖縄/2010年)、大阪桐蔭(大阪/2013年)という7校しか達成していない。

 対して“夏春連覇”となると、広島商(1930~31年)、中京商(1937~38年)、法政二(神奈川/1960~1961年)、池田(徳島/1982~83年)の4校だけ。作新学院が達成すれば史上5校目となり、中京商以来で史上2校目の春夏と夏春を両方達成したチームとなる。

 現時点では神宮大会覇者の履正社(大阪)をはじめ、驚異の1年生軍団・大阪桐蔭(大阪)、九州の“ミスターゼロ”こと好投手・三浦銀二を擁する福岡大大濠など、西日本勢の前評判が高くなっている今大会。

 作新学院は関東王者としての意地を見せることができるか...。偉業に挑戦する栃木代表に注目だ。

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西