ニュース

西武のドラ1・今井が右肩の張りで離脱 「重いケガではないと思います」

無断転載禁止
西武・今井達也(写真は17年新人合同自主トレ時)
 西武のドラフト1位ルーキー・今井達也が、右肩の強い張りを訴えたため、同日に帰京することになった。

 今井は、「今までなかったことなので、敏感に感じたかもしれません」とキャンプ初日に投げ込みを行っている途中、右肩に強い張りがあったという。それでも、今井は「重いケガではないと思います」と軽傷を強調し「今度は高知でやっていきます。1日でも早く投げられるように体の土台作りからやっていきたい」と前を向いた。

 また、辻発彦監督からは「これから先が長いので、焦るな。じっくりやっていけと言われました」と声をかけられたそうだ。昨年夏の甲子園優勝投手となった今井は、故障でA班のキャンプを離脱することになったが、焦らずに体作りに励みたいところだ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM