ニュース

ヤクルト・雄平、新打法に手応え 「バスケのドリブルをするような...」

無断転載禁止
ヤクルト・雄平
 キャンプ入りから連日で打ち込みを続けているヤクルト・雄平が、打撃改造の手応えを語った。

 全体練習の後、室内で打撃練習を続けている雄平。新打法をモノにすべく、日々バットを振り続けている。

 カギは「左手のグリップ」。去年まではガッチリと握っていた左手のグリップを、今年から少し緩めて楽に握るように変更しているという。

 バットコントロールを重視し、「ガツン、と打つイメージから、少し楽に握って遊びを作るように」とねらいを語る雄平。その繊細な感覚について、「バスケットのドリブルをするような感じです」と独特な表現で語った。

 打ち込みの甲斐あって、「これまで内角球に対して右肘を抜くような打ち方しかできなかったが、右肩を中心にコマのように回ることができるようになり、しっかり捌けるようになってきた」と早くも効果を実感。「芯に当たる確率も上がってきたし、きっと率も上がってくれると思う」と手応えを口にしている。


(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM