ニュース

代表のオリ・平野 小久保監督が見守る中、78球の投げ込み

無断転載禁止
オリックスの・平野佳寿(写真は2016年のもの)
 3月に開催される『第4回 ワールドベースボールクラシック』(WBC)の日本代表のオリックス・平野佳寿が5日、オリックスキャンプの視察に訪れた侍ジャパン代表の小久保裕紀監督が見守る中、ブルペンで投球練習を行った。

 小久保監督から「わかっているので、力いれんでいいよ」と言われた平野は、「フォークも高めに投げないように投げた」と変化球を交えながら78球を投げ込んだ。

 昨季リーグ2位の31セーブをあげた平野は、代表でもリリーフの中心として活躍が期待される。

 また、オリックスキャンプは、11時頃に雨があがったが、午前中から雨が降っていたため、一軍練習は午前中で終了した。なお、二軍キャンプは練習を続けている。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM