ニュース

外野転向の中日・遠藤が猛アピール 森野球の象徴になれるか!?

無断転載禁止
ハンファ戦の3回裏、けん制悪送球の間に三塁を狙うも間一髪タッチアウトとなった中日の遠藤

12日の練習試合で1発含む4-4


 今季から本格的に外野守備に取り組んでいる中日の遠藤一星が12日、「2番・中堅」で先発出場した韓国・ハンファとの練習試合で、ソロ本塁打を含む4打数4安打2打点の活躍を見せた。チームは18-1で大勝した。

 遠藤は初回、ハンファ先発のベ・ヨンスから一塁手の脇を抜ける痛烈な二塁打を放つと、続く3回の第2打席では中前打。5回は代わったグォン・ヨンウから左前適時打を放ち早くも猛打賞とし、6回は4番手ジョン・ゼウォンから豪快な右越えソロを放った。

 第1打席は一、二塁間を抜けた打球だったが、右翼手のポジショニングを見てすかさず二塁へ。3回はけん制悪送球の間に一気に一塁から三塁を目指したが、ここは間一髪タッチアウトとなり、追加点を呼び込むことはできなかった。それでも先の塁を狙う姿勢を見せ、持ち味であるスピードと積極性をアピール。中堅の守備では2つの飛球を無難に処理し、5回に襲った打球はライナー性の難しい飛球にも見えたが、素早く落下地点に入り危なげなくダイレクトで捕球した。

 森監督は試合後、「初めて守るポジションであれだけ打つ選手がいれば、(レギュラー陣も)いつまでも安心していられない」と遠藤の活躍を評価。さらに、「いろんなことが考えられるオーダーが組めればいい」と続け、若手のアピール合戦を喜んだ。

 遠藤は入団1年目の2015年に正遊撃手の座を掴みかけたが、度重なる故障に苦しみ定位置確保を逃した。2年目は前年の故障が守備面に悪影響を及ぼし、思い切りの良かった打撃も低迷。結局1年目を下回る27試合の出場にとどまり、昨秋から本格的に外野の守備練習に取り組んでいた。

 今キャンプでは左翼メインで守備練習を重ねており、すでにコーチ陣からは高い評価を得ている。FA流出が危惧されていた大島洋平、平田良介の両主軸が残留し、外野の定位置確保は厳しい情勢となっているが、昨季は平田が故障に泣かされただけに、既存戦力の底上げはBクラス脱却に絶対条件でもある。

 指揮官は昨秋の監督就任会見時から「広島の先の塁を狙う姿勢。ヒット1本で1点を取れる野球を見習わないといけない」と話しており、この試合も相手のハンファが6回に3安打放ちながら無得点だった攻撃を引き合いに出し、「ウチがやってきた野球と同じようだった」と自虐的に振り返った。

 “堅守速攻”を目指すチームにおいて、そのスタイルに遠藤がマッチした人材であることは間違いない。既存戦力底上げの象徴ととして、14日から始まる第3クールでもガンガンアピールしてほしいところだ。

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西