ニュース

右足首痛の日ハム・大谷「まずは走れるかどうか」

無断転載禁止
キャッチボールする日本ハムの大谷翔平【撮影日:2017年2月12日】
 1次キャンプ地のアリゾナから12日早朝に沖縄入りした日本ハム。13日から沖縄・名護で、2次キャンプをスタートさせた。

 右足首痛でアリゾナキャンプでは別メニュー調整を続けていた大谷翔平は、「多くのお客さんが来てくれるのは嬉しいが、大した練習を見せられない。やることは(アリゾナ)と変わらない」と名護でも別メニューで調整を行うことを示唆。

 気になる右足首の状態については「どのタイミングで打ったりできるかはわからない。まずは走れるかどうか。打った後のベースランができれば、ゲームに入っていける」とし、「目の前の試合に復帰する過程のものしか見せられないが、一つひとつそれをやって、早く実戦に入っていければ」と話した。

 大谷は『第4回 ワールドベースボールクラシック』(WBC)の日本代表に選出されたが、右足首痛により出場を辞退。アリゾナキャンプでは、別メニュー調整だった。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM