ニュース

ヤクルト・真中監督「非常に力がある」 ドラ2・星を評価

無断転載禁止
ブルペンで投球練習を行った星知弥
 ヤクルトのドラフト2位ルーキー・星知弥(明治大)は17日、変化球を交えてブルペンで60球の投げ込みを行った。

 星は「状態が上がってきました。今は低めを意識して投げている。フォークボールが抜ける事が多いので、しっかり投げることが課題です」と振り返った。

 真中満監督は星の投球について「ストレートに非常に力がある。期待しています。ストレートが低めに強いボールがいっているのが印象的」と話せば、星のボールを受けた井野卓捕手は「スピンのかかった回転でボールを投げています。ストレートで空振りが取れるボールですね」と評価した。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM