ニュース

キャンプ中の食事って、どうしてる?

キャンプ中の選手の食事


 2月1日からはじまった春季キャンプも、気がつけばもう終盤。来週25日(土)からはオープン戦が開幕する。

 約1カ月近くを本拠地から離れた地で過ごしている選手たちであるが、その間の『食事』というのはどうしているのか。知られざる裏事情をOBの増渕竜義氏に聞いてみた。


「至れり尽くせり」


 キャンプ中の食事は基本的にビュッフェスタイルで、自分の好きなものを食べることが出来ます。

 朝はホテルで、ランチは球場で、夕食はホテルに戻って。決められた範囲のものであれば好きなものを、好きなだけ食べることができるうえ、味も本当に美味しいです。

 ランチは練習の合間に球場で食べるのですが、沖縄そばやソーキそば、アグー豚のしゃぶしゃぶなどといった沖縄ならではのメニューが並び、食事は日々の楽しみのひとつでした。

 もちろん、外食をすることもあるのですが、やはり行くのは沖縄料理が多かったですかね。たまに焼肉、という感じだったと思います。

 また、若手選手たちには夜間練習があります。投手は主にシャドウピッチング、野手は素振りなど、ホテルに戻ってからも練習、練習です。ありがたいことに、この夜間練習をする選手用にも軽食が用意されています。キャンプ中は、まさに至れり尽くせりなのです。


シーズン中の食事は?


 ついでに、シーズン中の各球場の食事も紹介します。

 球場には各球場ごとにケータリングがあります。メニューはおにぎり、うどん、そば、ラーメン、パスタ、カレー、サンドイッチといった豊富なメニュー。サイドメニューもサラダやフルーツなどがあり、おかずは毎日変わります。

 プロ野球選手はいろんな球場で試合をしますから、一軍になると各球場のケータリングを食べることができます。中でも私が好きだったのが、セ・リーグでは東京ドーム。パ・リーグでは札幌ドームの食事でした。

 東京ドームはとにかく種類が豊富。いつも何を食べようか悩んでいたほどです。特に東京ドームのカレーは絶品です。札幌ドームも種類が豊富ですが、ここはラーメンが最高でした。

 食べるのは試合前ですから、もちろん量はあまり食べません。ケータリングの量やサイズも、選手のためにと2口、3口で食べられるように置かれているんですよ。

 ちなみに、ヤクルトでは常時ヤクルト飲料すべてが常に飲み放題でした。球団のオーナーが食品関連ですと、こんな優遇もあるんです。

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西