ニュース

開幕投手のDeNA・石田、2回2失点 ラミレス監督「全く心配していない」

無断転載禁止
韓国・KIAとの練習試合に先発したDeNAの石田健大
 今季の開幕投手に内定しているDeNAの石田健大が20日、韓国・KIAとの練習試合に登板した。

 先発した石田は初回、走者を出しながらも3人で抑えたが、続く2回は3連続二塁打を打たれるなど2失点。この日は、2回を投げて3安打2失点という投球内容だった。

 この日の投球について石田は「(内容は)良かったとは言えないけど、あえて真っ直ぐの強いKIAに対して状態を確認したかった。真っ直ぐを投げて空振りやファールのとれる真っ直ぐになっていなかった。まだまだだということが確認できた」と振り返った。

 反省を口にした石田だが、「中には空振りのとれるボールもあったので、これから打たれる数を少なくしていかないといけない。初の実戦だったので、対バッターに投げるのは楽しいし、始まったなという気分になった。シーズンに向けて力をあげていかないといけないという気持ちになった」と前を向いた。

 また、ラミレス監督は「彼は開幕を競う必要がない。自分のペースで仕上げてくれれば、それでいい。今日に関してはシャープではなかったけれど、全く心配はしていない」と全幅の信頼を寄せていた。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM