ニュース

【侍ジャパン】菊池が居残り特打で絶叫…「入ってくれー!!!」

無断転載禁止
居残り特打を行った(左から)菊池、中田、坂本
 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一奪還を目指す侍ジャパンが26日、サンマリンスタジアム宮崎での強化合宿を打ち上げた。

 全体練習後、サンマリンスタジアムのグラウンドでは選手たちが居残り特打や特守を行ったが、そこで、選手とスタンドのファンが一体となった。

 特打を行っていたのは坂本勇人(巨人)、中田翔(日本ハム)、平田良介(中日)、菊池涼介(広島)の4人。選手が大きな当たりを放つと、ファンからは大きな歓声があがった。

 そして、最後の一回りは1スイングのホームラン対決。トップバッター坂本の打球が左翼席へと吸い込まれると、スタンドのファンからは大きな拍手と歓声があがった。

 これに続いたのが中田。中田は打球を左翼席へと放り込んだ。これには中田もしてやったり顔。拍手が起こるスタンドへバットを持った右手を大きく上げ、歓声にこたえた。

 3番目は中田の大阪桐蔭の先輩である平田。後輩に続けとばかりにフルスイングも、打球は低い弾道でファールゾーンへと向かった。これにはスタンドから嘆息と笑いがこぼれた。

 ラストバッターは前日25日の練習試合で3安打の大活躍を見せた菊池。菊地が放ったボールは上空へ。すると菊池は「入ってくれー!!!」と大絶叫。その祈りが通じたのか、打球は左翼席へ落ちた。

 ファンからは割れんばかりの拍手。菊池は両手で拳を作り、空高く突き上げ、喜びを表現した。

 25日の練習試合では残念な結果に終わった侍ジャパン。この日の練習の初めにはスタンドのファンから「日本、大丈夫かー」という野次が飛んだが、最後は良い雰囲気で締め括った。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西