ニュース

OP戦開幕投手のソフトB・松坂、3回2失点 大引に被弾

無断転載禁止
ソフトバンクの松坂大輔
 ソフトバンクの松坂大輔が4日、ヤクルトとのオープン戦に先発。3回に大引啓次にソロを浴びるなど、3回2失点だった。

 ソフトバンクのオープン戦初戦を託された松坂は初回、先頭の大引啓次に左中間に鋭い打球を打たれるも、レフト・中村晃がダイビングキャッチ。味方のファインプレーに助けられ、まずは一死を奪った。2番上田剛史も二ゴロに打ち取り、簡単に二死かと思われたが、二塁の本多雄一が一塁へ悪送球。

 一死一塁で迎える打者は、昨季チーム最多の155安打を記録した坂口智隆。松坂は坂口に投じた5球目のストレートが、捕手の鶴岡慎也が構えるミットの上をいく暴投で二塁へ進塁を許す。得点圏に走者を背負った松坂は、坂口に3ボール2ストライクと粘られるも一飛に仕留め二死まで漕ぎつけた。

 しかし、雄平に1ボールから2球目のストレートを一二塁間に弾き返され、先制のタイムリーを許した。続く畠山和洋を三邪飛に打ち取り、最少失点で切り抜けた。

 2点を勝ち越してもらった直後の2回は、先頭のグリーンに四球、続く西浦直亨にもボールが先行したが中飛。中村悠平は高めに浮いたストレートをセンター後方に大きな当たりを打たれるも、フェンス際でセンター・福田秀平が捕球。9番広岡大志を遊飛に打ち取り、この回は無失点で終えた。

 3回は先頭の大引を簡単に2ストライクと追い込んだが、甘く入った3球目の変化球を捉えられ、レフトへ同点のソロを浴びる。それでも、上田と坂口を二ゴロ、雄平を中直に抑えた。

 松坂は3回を終えたところで降板。この日は3回、2失点という投球成績だった。

【松坂大輔の投球内容】
<1回>
大引:左飛
上田:二失
坂口:一飛
雄平:右安適時打
畠山:三邪飛

<2回>
グリーン:四球
西浦:中飛
中村:中飛
広岡:遊飛

<3回>
大引:左本
上田:二ゴロ
坂口:二ゴロ
雄平:中直

【松坂の投球成績】
3回 53球 2安打 0奪三振 2失点

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西