ニュース 2017.03.05. 17:00

キューバ代表、デスパイネのスタメン落ちは「大事をとって」<強化試合>

 7日に侍ジャパンと対戦するWBCキューバ代表が5日、強化試合で西武と対戦。本番前最後の実戦となるも、攻守に良いところなく0-5の完敗を喫した。

 キューバのスタメンには3日に行われたオリックス戦のメンバーとほぼ同じ名前が並んだが、唯一アルフレド・デスパイネだけがベンチスタート。主砲を欠いた打線は代わりに4番を務めたサーベラスが4打数4安打と気を吐くも、つながりに欠け無得点に終わった。

 試合後、キューバのマルティ監督は「デスパイネは練習中に肩にボールがあたったので大事をとった」と理由を説明。主砲の状態に関しては「ドクターが診て問題ないと言っていた」と述べ、7日の日本戦には問題なく出場する見込みだ。

 そのデスパイネは9回二死から代打で出場。西武の守護神・増田の前に右飛に倒れたが、スイングを見る限り問題はない様子。味方の守備時には自らレフトへと出向き、メサとキャッチボールも行っている。

 また、試合直前に先発投手が変更になった事に関しては「事務的なミス(マルティ監督)」であり、戦略的なものではないことを強調した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西