ニュース

日ハム・上沢、久々の札幌Dで3回無失点「緊張しました」

無断転載禁止
日本ハム・上沢直之
 日本ハムの上沢直之が5日、巨人とのオープン戦に先発し、3回を1安打無失点と好投した。

 2014年に8勝を挙げた右腕は昨季、右肘を手術した影響で一軍登板はなし。チームは4年ぶりにリーグ優勝、10年ぶりの日本一に輝きながらも悔しいシーズンに終わった。

 15年6月11日の巨人戦以来となる本拠地での登板となったこの日、「約1年半ぶりの札幌ドームだったので緊張しました」と話しながらも、マギー、阿部慎之助から三振を奪うなど、3回を1安打無失点に抑えた。

 上沢は「投げたかった場所で、やっと投げることができた実感がありました。でも、だいぶアガっていましたね。何よりも結果がついてきて良かったです。しっかりと真っ直ぐでゴロ(アウト)も取れましたから」と納得の様子。

「次回はファーストストライク、初球を大切にしていきたい。もう一度、ローテーションに入りたい強い気持ちを持っています」と決意を語った。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM