ニュース 2017.03.13. 01:00

「坂本が当たっていたので…」オランダ・ミューレン監督が語った“中田勝負”のワケ

無断転載禁止
オランダ・ミューレン監督が試合を振り返る

「チャンスを生かせれば...」


 12日に東京で開幕した第4回ワールド・ベースボール・クラシックの2次ラウンド。しかし、侍ジャパンの2次ラウンド初陣が終わり、ふと時計に目をやると、もう日付は13日に変わっていた。


 試合時間が5時間に迫る、まさに死闘...。今大会初のタイブレークの末に敗れたオランダのミューレン監督は、ここ一番で「大きなヒットが出なかった」とロングゲームを振り返る。

 「序盤は優位に進めたが、多くのチャンスを逸した。5回裏、8回裏、特にそのあたり。投手は良い仕事をしたと思う。3回までに5失点したが、そのあとの投手陣がよく試合をつくってくれた。失点をゼロに抑えたことで、勝つチャンスを与えてくれたのだが、残念」と淡々と語った。

 日本については、「ミスが少なく、守備も素晴らしい。いるべきところにポジションをとっている。投手陣も良い所に投げてきた」と何度もピンチをしのいだディフェンスを絶賛。「とても厳しい試合だった。しばらく試合がこう着状態だったところで、我々がチャンスを生かせば違う展開になっていたと思う」と攻撃面での後悔を口にする。


中田を敬遠しなかった場面


 今大会初めてとなったタイブレークについては、「かつて経験があった。初めてじゃない。心配はなかった」というミューレン監督。

 「我々にとっても彼らにとっても得点の機会は平等にあるのでフェアなルール。我々は高めに浮いてくるボールを仕留められなかった。そこが勝負のあやだった」と激闘を振り返る。


 やはりポイントとなったのが、11回表の守りの場面。鈴木誠也が送って一死二、三塁となったところで敬遠も考えられた中、オランダベンチは中田翔との勝負を選択。その中田の2点打が決勝点になった。

 指揮官は“中田勝負”に関して聞かれると、「試合の序盤で中田を打ち取っていた。その次を打っている坂本が当たっていたので、中田で勝負しようという決断をした」と説明。「悔やむべきは高めに浮いたボールを仕留められたこと。逆に我々はチャンスを生かせなかった」と、あくまで自分たちの拙攻を敗因として挙げた。


 では、その裏の攻撃について。日本が犠打でチャンスを広げた場面で、オランダはヒッティングを敢行。プロファーは初球で内野フライに倒れ、反撃の狼煙を上げることができなかった。

 これについては、「プロファーは主軸を打つ打者」ときっぱり。「なのでバントは考えなかった。残念ながら望む結果を得られなかったが、プロファーは長打が期待できる。そのあとのボガーツが当たっていなかったため、その分プロファーに期待した。右投手に分がいいということもある」と説明した。


 とはいえ、「まだ2試合残っている」と前を向き続ける指揮官。

 「明日イスラエルで、1日休んでキューバ戦。チャンスを向こうに与えてはいけない。短期決戦なのでチャンスを与えないようにしようということが今日の試合から得た教訓」と語り、最後には「あとは一、二塁でしっかり進塁させる作戦もとろうと思う」と付け加えた。

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西