ニュース 2017.03.13. 08:00

快進撃を続けるイスラエルの「データ野球」にご用心!?

無断転載禁止
 第4回ワールド・ベースボール・クラシックは12日、東京ドームで2次ラウンドが開幕。韓国、オランダ、台湾と同居したプールAを3連勝で突破したイスラエルが、2次ラウンドの初戦でもキューバを破り、4連勝を飾った。

 イスラエルの強さの秘密は何なのか。試合後の記者会見でその一端がうかがえた――。

 イスラエルが2点をリードして迎えた8回表、先攻のキューバは二死一二塁として打席にはデスパイネ。ここでイスラエルは敬遠を選択する。

 この場面を振り返った捕手のラバンウエーは「こう攻めれば成功するとコーチが言ってくれている。デスパイネは彼ひとりが我々にとって危険なパワーを持っていることを知っていたので歩かせる決断をした」とコメント。一打同点の場面を作ることになっても、試合終盤に勝負すべき相手ではないことをわかっていた。

 また、先発のマーキーは「低めにボールを集めてゴロアウトをとるのが自分のスタイル。スカウトが非常に良い情報をくれた。どうすればアウトをとれるのか、どのコースにアタックすればウィークポイントになるのかを教えてくれた」と謝辞を述べる。

 打線の主軸を担うボレンスタインは「チームとして500フィート(約150メートル)の本塁打を打つ必要がないことを理解している。1点をとるのに大きな本塁打は必要ない。エラーでの出塁や犠打、犠飛が野球に大きな影響を与えることも理解している」と話し、2点リードの8回裏には7番ガイレンのセーフティースクイズでリードを広げる抜け目ない野球を見せた。

 セーフティースクイズについて、ウェインスタイン監督は「一三塁で左打者に左投手はスクイズにとって最高の状況。左投手は三塁走者のスタートが見えないので最高のプレーだった」と満足げ気に振り返る。

 また、好投していた先発のマーキーを6回途中65球で代えたことについては「まだ力は残っていたが、マッチアップを考えたときにブルペンの投手の方がいいと思った。コーチ陣とアナリストとシミュレーションしている。それがイスラエル。しっかりとゲームプランに則った投手交代だった」と主張。

 その後の継投に関しても「今日は右投手を8回と9回に投入したが、それは勝負のあや。キューバは右投手に分が悪かったので右に託した」と話すなど、様々なデータを基に対策を立て、それを実行していることがうかがえる。

 イスラエルと侍ジャパンが対戦するのは2次ラウンドの最終戦(15日)。それまでに侍ジャパンに関するあらゆるデータを収集し、対策を立ててくるに違いない。イスラエルが侍ジャパンをどのように分析し、どのような対策を立ててくるのか、楽しみにでもあり、怖くもある。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西