ニュース

ヤクルト・山中、6回2失点と好投 「全体的に良かった」

無断転載禁止
ヤクルトの山中浩史
▼ オープン戦
ヤクルト 2 - 2 ロッテ
<3月15日 神宮>

 ヤクルトの山中浩史が15日、ロッテ戦に先発し、6回を5安打2失点に抑え、開幕先発ローテーション入りに向けアピールした。

 山中は初回、走者を出しながらも無失点に抑えると、2回は三者凡退。順調な滑り出しを見せたが、3回に先頭の江村直也に四球、続く平沢大河に安打で無死一、三塁とピンチを招くと、岡田幸文に犠飛で先制を許した。それでも、後続は抑え最少失点でこの回を切り抜ける。5回にも平沢大河のソロ本塁打で1点を失ったが、6回を5安打2失点と先発の役割を果たした。

 山中は登板後、この日の投球内容について「全体的に良かったです。点は取られたのですけど、最少失点で抑えることができたので、自分の中では良いピッチングだと思っています。ゲームを作れたというのが一番大きかった」と手応えを掴んだ様子。真中満監督も「粘りながらしっかり投げられていたので、安定していますよね」と、この日の山中の投球を高く評価した。

 山中は前回登板の3月8日の楽天戦でも、5回1安打無失点と好投しており、開幕ローテ入りへアピールを続けている。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM