ニュース

開幕投手内定の西武・菊池、制球に不安を残す

無断転載禁止
西武・菊池雄星
▼ オープン戦
○ 西武 6 - 2 中日 ●
<3月15日 メットライフドーム>

 開幕投手が内定している西武・菊池雄星が15日、中日戦に先発。5回を2安打2失点に抑えたものの、4四死球と制球にやや不安を残した。

 菊池は初回先頭の荒木雅博に四球を与えると、続く藤井淳志の打席で盗塁を決められ、いきなり得点圏に走者を背負う。一死後、石川駿にライト前に運ばれ、先制を許した。2回は簡単に二死を奪ったが、近藤弘基に四球で出塁を許すと、続く溝脇隼人の打席で近藤に二盗を許し、溝脇にタイムリー二塁打を浴びた。3回以降は無失点に抑えたが、5回は再び2つの四球を与えピンチを招くなど、制球に課題を残した。

 菊池は「全体的にはよくなかった」と反省し、「四球も多く、良いボール悪いボールがはっきりしすぎていた」と振り返った。辻監督も「四球、走られる。う~ん。いくらキャッチャーが頑張っても…」と3盗塁許したことに苦言を呈した。

 課題はあったものの、菊池は「苦しい場面でカーブ、フォークを使えたのが収穫だった」と変化球には手応えを掴んだ様子。次回登板に向けては「ストレートをしっかりと見直して、気持ちよく開幕を迎えたい」と意気込んだ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM