ニュース 2017.03.15. 18:00

侍ジャパン・秋吉、真っ直ぐに手応え

無断転載禁止
侍ジャパンの秋吉亮
 侍ジャパンの秋吉亮が15日、イスラエル戦を前に、ここまでの投球を振り返った。

 秋吉は牧田和久、平野佳寿とともに大会トップタイの4試合に登板する。14日の2次ラウンドキューバ戦では、同点の8回から登板し1イニングを無失点に抑え、その裏に侍ジャパンが勝ち越し、勝利投手となった。

 秋吉は「バレンティンとの対戦のシーンや昨日のキューバ戦など、一発を浴びたらダメな場面で使ってもらっている」と勝ち試合のマウンドにあがれることを喜ぶ。

 緊迫した場面でマウンドにあがる秋吉だが、同大会で自分のストレートが通用するか試しているという。「自分ではストレートがどこまで通用するのか試してみて、結構詰まっていた。真っ直ぐで押していくピッチングをしています。変化球、変化球ではない。まっすぐで押してという投球ができています」と明かした。

 1次ラウンドから5連勝の侍ジャパンを支えているのは、秋吉をはじめとしたリリーフ陣の存在。今夜もリリーフ陣の働きに注目だ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM