ニュース

メジャーが大絶賛!シンデレラボーイ WBC日本代表・千賀滉大投手(24歳) スポーツ人間模様

無断転載禁止
イスラエル戦に先発した千賀=2017年3月15日 東京ドーム 写真提供:共同通信社
昨日のイスラエル戦で先発、5回を1安打無失点に抑えた千賀投手。ここまでの6戦を振り返ると、絶対的なエースがいない。そんな状況だけに新しいスター誕生という感じです。これで日本代表は6連勝で準決勝進出。あと2勝で世界一奪還です。

昨年シーズン、12勝3敗と大ブレークしたのは、ソフトバンク・工藤監督の大抜てきによるもの。いまだに「ちが」と呼ばれることもあり、昨日まではとても全国区の知名度というわけにはいかなかったそうです。当初、小久保ジャパンではセットアッパー的な役割。「先発では使わない」と言われていたとのこと。ただ、2次ラウンドのオランダ戦で好投し突然、権藤投手コーチから、この日の先発を申し渡されました。

第2回WBCの優勝監督、原辰徳さんが小久保監督へ、「こんなにすごい投手を使わないのは、もったいない」と進言した話も聞こえてきました。先発陣の防御率が5点台では、一か八か千賀に賭けるしかなかった事情もありました。

愛知といえば中日ですが、高校時代は、故障のために実績がなく見落とされた。たまたま、地域のアマチュア事情に詳しいスポーツ店の経営者が、ソフトバンクの小川一夫スカウトと懇意にしており、「すごい子がいる」と千賀の存在を伝えた。視察すると、なるほどと感じ、2010年の育成ドラフト4巡目で指名。入団して2年目の12年に一軍昇格を果たし、13年にはセットアッパーとして大活躍。オフの契約更改では、408%増の3,300万円となり、育成の星と話題を集めました。

決め球は、お化けフォーク。これがウイニングショットとして絶大な効果を発揮しています。どれほどすごいかといえば、あの大魔神以上の落差があるとも。昨年オフの親善試合、オランダ戦でコンビを組んだ小林が、まったく捕球できないほどでした。

千賀の投球に驚愕したのは、1次ラウンドで対戦したオーストラリアのジョン・ディーブル監督です。ドジャースの極東スカウトでもある同監督は、「あのスプリットは、メジャーでも威力を発揮する」と大絶賛。一気に、名をあげたシンデレラボーイとなりました。

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM