ニュース

ヤクルト・中村悠平が打撃好調な理由

無断転載禁止
ヤクルトの中村悠平
 ヤクルトの中村悠平が、ここまでオープン戦11試合に出場して打率.393(28-11)と打撃好調だ。

 打撃好調な理由について中村は「キャンプからバットのトップの位置をしっかり取るようにしています。それとボールとの距離感を取るように意識してます。去年はライト方向に打った打球がセカンドゴロになる事が多かった。現状は狙い通りライトへの打球が増えてます」と語ってくれた。

 15年は134試合でスタメンマスクを被るなど、正捕手としてリーグ優勝に貢献した。しかし、昨季は105試合で先発マスクを被ったものの、シーズン後半は打撃を売りにする西田明央がスタメン出場することが多く、中村はベンチを温める日々が増えた。

 もう一度、正捕手の座を勝ち取るため中村は「去年は悔しい思いをしたので、今季はその悔しさを活かしてやっていきます」と意気込む。シーズン開幕まで残り2週間を切った。スタメンマスクを被るためアピールを続けていく。

【中村悠平と西田明央の成績】
中村悠平
OP戦成績:11試 率.393 本0 点1
昨季成績:106試 率.187 本3 点37
昨季スタメンマスク数:105試合

西田明央
OP戦成績:7試 率.300 本0 点0
昨季成績:74試 率.243 本7 点25
昨季スタメンマスク数:38試合

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM