ニュース

日本が首位キープ、プエルトリコが急上昇 WBC通算勝利数ランキング

無断転載禁止
小久保ジャパンはあといくつ白星を積み重ねることができるでしょうか。

日本がトップ守る


 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も、日本時間19日をもって2次ラウンドの戦いが終了。ベスト4が出揃った。

 21日に行われる準決勝の第1試合は、東京プールを2位で通過したオランダと、アメリカプールを負けなしの首位通過で突破したプエルトリコが激突。ともに2大会連続のベスト4入りとなり、オランダは前回破れなかった壁の突破を、前回準Vのプエルトリコは悲願の優勝を目指しての戦いになる。

 22日の準決勝・第2試合では、東京プールを無敗で突破した日本と、前回王者のドミニカ共和国を下して登りつめたアメリカが対戦。日本は4大会連続のベスト4入り、一方のアメリカは2大会ぶりのベスト4となり、その前回は準決勝で日本に敗れている。


 ちょうど今大会のベスト4が出揃ったということで、今回はWBCにおける各国の通算勝利数はどのように変動したのかを調査。勝利数の多い順にランキングにした。(10勝以上のチームのみ抜粋)
 

【WBC・通算勝利数ランキング】
23勝  日  本 (5-3/7-2/5-2/6-0) =勝率.767
19勝  プエルトリコ (4-2/4-2/5-4/6-0) =勝率.731
18勝  ドミニカ共和国 (5-2/1-2/8-0/4-2) =勝率.643
15勝  韓  国 (6-1/6-3/2-1/1-2) =勝率.600
15勝  キューバ (5-3/4-2/4-2/2-4) =勝率.577
14勝  アメリカ (3-3/4-4/3-3/4-2) =勝率.538
11勝  オランダ (1-2/2-4/4-4/4-2) =勝率.579
11勝  ベネズエラ(3-3/6-2/1-2/15) =勝率.688

※()内は大会ごとの勝-負数


 勝利数トップで今大会を迎えた日本は、6戦全勝とさらに白星を伸ばし、首位をキープ。2位には日本と同じく6戦全勝で準決勝進出を決めたプエルトリコが急上昇している。

 一方。まさかの2次ラウンド敗退となった前回王者・ドミニカ共和国は4勝2敗と伸び悩んでランクダウン。以下は韓国からキューバ、アメリカまでが1勝差のなかにひしめく混戦模様となった。

 泣いても笑っても、各チームに残されたのは最大で2試合。「白星+2を」積み上げるのはどのチームになるのか。いよいよクライマックスを迎える第4回WBCから目が離せない。

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西