ニュース

盛岡大付、逆転サヨナラ発進!高岡商との点の取り合い制す

【第89回選抜野球大会】
○ 盛岡大付 10 - 9 高岡商 ●
<3月20日 1回戦>

 春のセンバツ・大会2日目の第1試合は点の取り合い。延長までもつれた打ち合いは、盛岡大付が逆転サヨナラで初戦勝利を掴んだ。



 取っては取られ、取られては取っての展開で進んだこのゲーム。初回、高岡商は二死走者なしから四球で走者を出すと、4番・筏がレフトに2ランを放って先制。しかし、直後に盛岡大付も二死からの3連打で2得点。すぐに試合をふりだしに戻す。

 その後は2回に盛岡大付がリードを奪うも、3回にすぐさま同点。4回には高岡商が3点を挙げてリードを奪ったが、その裏盛岡大付も3点を取り返し、5回には連続の長打で2点を奪って再び逆転。それでも6回、高岡商も適時二塁打と犠飛で2点を挙げ、5-5の同点で終盤戦に突入した。

 迎えた延長10回、高岡商は二死二塁から中村の適時打で勝ち越し。貴重な1点を挙げたが、その裏の盛岡大付は先頭を四球で出すと、続く植田のゴロをサードが弾く間に一塁走者が三塁へ。打った植田も二塁まで進み、無死二・三塁の大チャンス。ここで林がセンターへ弾き返し、一気に二者が生還。10-9、逆転サヨナラ勝ちで盛岡大付が初戦勝利を掴んだ。

 勝った盛岡大付は2回戦で昨年の王者・智弁学園と対戦する。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西