ニュース

侍J・小久保監督、代表監督の難しさを語る「やさしいものではなかった」

無断転載禁止
侍ジャパンの小久保裕紀監督
 侍ジャパンの小久保裕紀監督が23日に帰国し、東京都内のホテルで記者会見を実施。「代表監督はやさしいものではなかった」と代表監督の難しさを語った。

 その理由について小久保監督は、「プレミアはシーズンが終わった後、今回のWBCも開幕前。選手たちの負担が大きい。彼らが使命感を持って、日本球界を引っ張っていくんだというものを持った選手を集めないといけない。集めた中では、勝ちにこだわるが、勝ちだけにこだわると選手起用が偏ってしまう。ある程度、その辺は、みんなにチャンスを与えないといけないというところがあった」と説明。

 そして最後のWBCでは、「当然、勝つためにやって結果、打席に立てなかった選手。登板が少なかった投手が出てきてしまった。各球団のトップを集めながら決断していくのが辛かった」とマネジメントの難しさを語った。

 今後については、「しばらくゆっくりしようと思ったのですが、仕事がいっぱい入っていますので、解説しながら…。選手たちを応援する側に回って、みんなの活躍を祈っているという感じです」とし、代表監督は「一区切りです」と退任の意向を示した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西