ニュース

巨人・久保球団社長が大型補強を語る

無断転載禁止
巨人の久保博球団社長(右)
 23日放送の『今夜もオトパラ!』(ニッポン放送)に、読売巨人軍の久保博球団社長が出演し、オフに行った大型補強について語った。

 2年連続で優勝を逃した巨人は昨オフ、陽岱鋼、山口俊、森福允彦、吉川光夫、マギー、カミネロなど大型補強を敢行。この補強について久保社長は「一番の要因は得点力の低下だと思っていました。得点力回復のために強力打線を作る。1、2番を核にした機動力を取り戻すことですね。それがやっぱりFA、外国人、トレードの重点を置いて補強しました」と説明。

 続けて「昨年は三軍を創設して、常勝チームの基盤であるファームを強化したいということでやりました。そこで起こったことは、ファームの選手間で競争の激化が起こった」とし、「レギュラークラスに徹底した競争原理を導入したい」ということで、FAで日本ハムから陽岱鋼、13年に楽天の日本一の立役者となったマギーを獲得したという。

 また、主力選手に危機感を促せると同時に、若手の育成、底上げも急務だ。久保社長も「勝ちながら新旧交代を図っていくことが宿命のチーム」と明かす。そのうえで「7番、あるいは2番あたりに若い選手を起用ができて、じっくりと育てることができる余力ができれば、新旧交代ができる」と分析する。

 投手陣に関しては「先発、中継ぎ、抑えを中期的な視点できめ細かく整備していく。足りなければ補強、若手が出てくれば補強を減らす。そこは計画的にやっていきたいと思います」と理想を掲げた。

 オープン戦では新戦力が故障や不振で苦しんでいるが、シーズンが開幕したときには、期待通りの活躍ができるか注目だ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM