ニュース

千賀&バレンティンがメンバー入り!プエルトリコから最多の5選手<オール・ワールド・ベースボール・クラシック・チーム>

無断転載禁止
 WBCIは日本時間の23日、『オール・ワールド・ベースボール・クラシック・チーム』を発表。優勝したアメリカからMVPのマーカス・ストローマン、エリック・ホズマー、クリスチャン・イェリッチの3選手が選ばれた。

 一方、2大会連続の準優勝に終わったプエルトリコからは最多の5選手(ヤディアー・モリーナ、ハビエル・バエズ、カルロス・コレア、フランシスコ・リンドーア、カルロス・ベルトラン)が選ばれ、モリーナは松坂大輔(2006年と2009年)以来となる2大会連続でのメンバー入りとなった。

 また、打率.615、4本塁打、12打点の活躍でオランダのベスト4入りに貢献したヤクルトのバレンティンに加え、11回を投げて16奪三振を記録した日本の千賀滉大も『オール・ワールド・ベースボール・クラシック・チーム』入りを果たしている。

 その他、前回大会の王者ドミニカからグレゴリー・ポランコ、今大会で旋風を巻き越し、サプライズの1つとなったイスラエルで10回を投げて無失点だったジョシュ・ザイドが選ばれている。


オール・ワールド・ベースボール・クラシック・チーム

【投 手】
ストローマン(アメリカ/ブルージェイズ)
千賀滉大(日本/ソフトバンク)
ザイド(イスラエル/FA)

【捕 手】
モリーナ(プエルトリコ/カージナルス)

【一塁手】
ホスマー(アメリカ/ロイヤルズ)

【二塁手】
バエス(プエルトリコ/カブス)

【三塁手】
コレア(プエルトリコ/アストロズ)

【遊撃手】
リンドーア(プエルトリコ/インディアンス)

【外野手】
イエリチ(アメリカ/マーリンズ)
ポランコ(ドミニカ/パイレーツ)
バレンティン(オランダ/ヤクルトス)

【指名打者】
ベルトラン(プエルトリコ/アストロズ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西