ニュース

【西武】これぞ辻野球!総力戦で逆転サヨナラ勝利「粘り強くやってくれた」

無断転載禁止
西武・辻発彦監督
 延長12回、西武の主将・浅村栄斗の一振りで、西武が逆転サヨナラ勝利を収めた。

 延長12回、1死一塁から3番・浅村が楽天・森原の6球目を右中間に弾き返すと、一走・秋山が生還。今季初のサヨナラ勝利で、首位・楽天の連勝を止めた。

 楽天の先発・則本は5回まで西武打線をわずか2安打に抑える完璧な投球。一方、西武・先発の多和田は3失点。流れは完全に楽天だった。

 しかし、6回に中村の特大本塁打などで2点を返上し、1点差に。7回に1点を奪われたが、8回、相手の失策などもあり、同点に追いついた。

 試合後、西武・辻監督は「則本が前回の悔しさをバネに、気持ちの入った素晴らしい投球をしてきた」と、5回6失点で降板した12日の投球とは打って変わり、8回7安打4失点(自責3)、10奪三振の好投に脱帽。しかし、西武打線も全くやられっぱはしではなかった。初回は三者凡退も、1番・秋山が6球、2番・源田が11球を投げさせるなど、粘りの野球で則本を苦しめた。「最初の方から球数を投げさせたのが良かった。球威も落ちて、チャンスも出てくる」と満足そうに頷く。その甲斐あって、6回から則本の投球を捉え始める。8回には先頭の代打・田代と続く秋山の連続安打で好機を作り、同点に追いついた。相手を粘り強く、苦しめ続ける。これぞ辻野球だ。

 就任後初めての延長戦。指揮官は「野球って難しい」と笑う。継投や代打に「悩みました」と話すが、代打・田代は8回に先頭で出塁し、同点のチャンスを生んだ。同点の場面から起用した増田、牧田、武隈は安定の投球で強力・楽天打線を無失点で抑えるなど、起用がはまった。「大事な試合をこういう形で勝つことができて、今後のためにも良い1勝になった」とホッと胸を撫で下ろした。

 「選手が粘り強くやってくれた」。指揮官は選手をねぎらった。首位・楽天と3ゲーム差の3位。辻ライオンズの反撃はここからまた、始まる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西