ニュース

谷繁氏、DeNAバッテリーに愛のある“喝”

無断転載禁止
巨人戦でバッテリーを組んだDeNAの先発・浜口遥大(左)、捕手・高城俊人(右)
 2日、『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた谷繁元信氏は初回、巨人・坂本勇人に先制ソロを浴びたDeNAバッテリーに愛のある喝を入れた。

 DeNA先発・浜口遥大は簡単に二死を奪ったが、3番の坂本に投じた初球インコースのストレートをバックスクリーンに飛び込む先制ソロを許した。この場面について谷繁氏は「DeNAバッテリーからするとミスなんですよ」と指摘する。

「初回2アウトを取りました。普通に考えてホームランはいけない。そうなると、どこに投げなきゃいけないかというのが、必然的に出てくるんですよ。インコースでいくのであれば、キャッチャー(高城俊人)がやらなければいけないことはボール球の要求」

 つづけて谷繁氏は「キャッチャーって冷静に考えれば、みんな分かるはずなんですよ。でも試合が進む中で、一瞬のうちに決断してサインを出さないといけない。そこで、そういうことが起きる」と本塁打を打たれた原因について説明した。

 ただ、谷繁氏は「ゲームが終わって冷静に考えたときに、違うなと反省ができるんですよ。それを次に活かせばいい」と失敗を糧にしていくことが重要だと説いていた。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM