ニュース

広島、サヨナラ負けで4連敗 12回に中田が被弾、打線は9回以降無安打

○ ヤクルト 3x - 2 広島 ●
<7回戦 神宮>

 ヤクルトが大松の移籍後1号となるサヨナラ弾で2連勝。対する広島は12回までに5安打と打線が振るわず、今季2度目の4連敗を喫した。

 広島は2回、6番エルドレッドが7号ソロを放ち先制するも、その後はヤクルト先発・ブキャナンに苦戦し、7回までわずか3安打に封じられた。それでも1点を追う8回、スタメンに復帰した2番菊池が、二死二塁から起死回生の同点適時二塁打を放ち2-2。ここからお得意の逆転劇が幕を開けるかと思われたが、9回以降はヤクルト救援陣から1本の安打も打てなかった。

 先発の野村は4回、3本の長短打を浴び逆転を許したが、5回以降は立ち直り7回を2失点(自責点1)。投手陣は前カードの阪神戦で大崩れしたが、ローテの軸としてさすがの投球を披露し、投手陣を引き締めた。

 それでもこの日は、打線の援護を得られず白星なし。広島は8回以降、ジャクソン、今村、一岡、薮田が1イニングずつを無失点でつないだが、12回に6番手の中田が代打・大松に痛恨の一発を浴び、引き分けに持ち込むことができなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西